2017年12月15日金曜日

吉本寄席スタート

秋田市在住の「よしもと」のすみます芸人・桂三河によるつき一回行なう『湯沢よしもとサンサン寄席」がスタート。
秋田魁新報によると盛況の様子。シャッター商店街に人足を取り戻せるか?



   記事写真のなかに、見覚えのある顔が!!

2017年12月13日水曜日

「はたはた」はどこへ?

秋田の冬の味覚「はたはた」は何所へいったのか?
この寒波で、沿岸に産卵に押し寄せるはずでしたが、まったく魚形が見えない様で、今年は味わえないのかな・・・・サビシー。
もう、集団で山形県沖に南下移動してしまったのか。


2017年12月6日水曜日

新開地のイルミネーション

いよいよ「師走」。
降雪も本格的になりました。なが~い冬に突入です。
閑散とした商店街にイルミネーションが付きました。
株価とは裏腹に疲弊の極地。気分が滅入ります。
加えて冬の味覚の「はたはた」の不漁の予測で、まだ漁の話題も無し。
秋田県の浜に来るのは、北朝鮮の難波船の残骸や土座衛門。






雲上(?)の「稲庭城」

2017年11月16日木曜日

千枚漬けつ・漬込み

8月お盆過ぎに蒔いた千枚漬け用の「聖護院かぶ」。
明日からの雪模様の天気予報に慌てて収穫です。
かなり大きさが違います。ニワカ百姓の悲哀かな。
それでも一応漬込みができそうです。



聖護院かぶは皮が硬く、肉も絞まっているので、ピラーで皮むき。


スライサーでスライス。かなりの手間がかかりました。


スライスしたかぶ。12キロ(風袋900グラム)。
これに420グラム(3.5パーセント)の塩で下漬け。
4・5日でいよいよ本漬けとなりますが、上手くできたらご喝采。


逸品明治工芸の至宝

15日は定休日。
前日からの冬型天気予報とは裏腹におだやかさに誘われて、秋田県立西洋美術館で開かれている「逸品明治工芸の逸品展」に。
繊細な江戸・明治の職人芸を堪能してきました。




帰りに評判の手打ち蕎麦店「一究」で冷がけを。天婦羅と共に。
おいしかった・・・・。

冷がけ大盛800円。天婦羅450円(同行者にご馳走になりました・・・ゴッソウサンでした)。










2017年11月12日日曜日

はたはたの季節間近?

友人の奥さんの実家が、男鹿半島のなので毎年はしりの男鹿沖の「はたはた」を戴くのですが、今年も昨日取れたてのを届けてくれました。

早速塩焼きで日本酒の肴で「秋田の初冬の味」を楽しませてもらいました。

先日のハタハタ占いでは、今年は中漁とのことで、県民がっかりとのローカル紙に載っていましたが、まさに漁は天候シダイ。

豊漁を祈願・期待します。


2017年11月8日水曜日

大根の「柿漬け」漬込み完了

今年も大根が収穫できました。

渋柿で『柿漬け」を漬込ました。塩で4日前に下付けした大根を砕いた渋柿とザラメ糖・塩で漬込み12月中旬には、美味しい(上手くデキレバのハナシ)柿漬けがたべられます。
またまた、日本酒がススミソウ!!!

2時間奮闘して、収穫の渋柿。ヘタを取り、木槌で破砕します。


桶2つ出来ました。


樽3こに漬込み終了。



寄る年波は遺憾ともし難く、メモは貼っておかなくちゃ・・・・・




焼き芋、アウトドア・ストーブの中で焼いた焼き芋、焦げ付いて不評で、石焼いもに挑戦。
トタンのバケツを代用し、時間がかなり掛かりましたが、まずまず「ほんわり感」・「ねっとり感」がでました・・・焦げ付かないのが好評。